三輪シェフ厳選 チーズボックス

南チロルから直輸入 風味豊かな極上の熟成チーズ

ご購入はこちら

繊細なアイディア、熟成の妙、チーズ通がうなる味わい

南チロルで見つけた、どこにもない極上のチーズ

南チロルはイタリアの美しい湖をたたえた山岳地帯です。
オーストリアがすぐ隣で、イタリアでもドイツ語が話されています。

三輪亭のシェフ、三輪学はおよそ10年前に、料理修行をするべく南チロルを訪れました。

そこで、伝統的な南チロル料理に腕をふるうシェフ、ハンシ・バウムガートナーと出会います。

チーズ熟成士でもあるハンシ氏は、伝統の手法で熟成させたチーズに、繊細なアイディアでリファイン(風味、味付け)させていました。

リファインの素材はりんごや、ぶどう、高山のハーブ、イナゴ豆など豊富で、さらに干し草の樽で熟成させるなど、どこにもない深い味わいのチーズです。

どのチーズも初めて食べるものばかりで、三輪は驚きと共に深い感動を覚えました。

三輪はハンシ氏の元で2年間修行した後に、日本で南チロルレストラン「三輪亭」を開きますが、南チロルで覚えたハンシ氏のチーズは忘れがたいものでした。

チーズだけはハンシ氏のチーズを使いたい。
ハンシ氏のチーズを日本で紹介したい。

この思いから三輪亭のチーズ、DEGUST(デグスト)は生まれました。

DEGUST(デグスト)は、ハンシ氏の手作りにこだわり、南チロルから空輸したチーズだけを使っています。

三輪の名前を冠した若布熟成チーズ

ハンシ氏がリファインするチーズで、最も素晴らしいのはワカメのチーズ、MIWAチーズでしょう。

三輪学の結婚式に出席するために来日したハンシ氏に、三輪が「ワカメ」を紹介したのです。

海辺の洞窟で熟成されるドイツのチーズ「Deichkase」にワカメを巻いてみると、牛の乳に海の風味が絶妙な味わいになりました。
海のミネラルがしみ込んだチーズがワカメのおかげで、さらに海のミネラルが増えたかのようです。

ハンシ氏は「MIWAチーズ」と三輪の名前をつけてくれました。

初めて知る味だけど、なぜかしっくりくる、日本人にも喜ばれる味わいです。

確かな熟成度合いと味わいを三輪が厳選

DEGUST(デグスト)では、ハンシ・バウムガートナー氏自身が熟成させているオリジナルチーズ、また三輪氏自身が実際に南チロルで修業してきた際に出来あがってきたチーズだけを、南チロルから空輸で取り寄せています。

南チロルからチーズが届くと、熟成度合いと味わいを一つ一つ確かめてからお出ししています。
チーズを仕込むのには何ヶ月もかかり、それから熟成させていきますが、一番美味しい時期に食べてこそ、本当の味わいがあります。

輸送しても味が変わらないこと、日本人が食べて美味しく感じられることも大切なポイントです。

ただ珍しい南チロルの空輸チーズではなく、本当に美味しいと納得していただけるチーズ選びをしています。

手間ひまを惜しまない伝統の熟成チーズ

チーズは牛やヤギの乳を乳酸菌発酵させたもので、栄養価が高く、カルシウムが多く、消化しやすい健康食品です。
昔からアジアからヨーロッパまで広く作られてきました。

チーズはカビをつけたり、風味をつけたり、さまざまな手法、味わいがありますが、どれも手間がかかります。
仕込みから熟成まで数ヶ月、数年間熟成させるものもあります。

しかし、昔ながらの製造者は機械化や高齢化で減りつつあります。

ハンシ・バウムガートナー氏は、伝統の手法で作られたチーズ、伝統的な食材を生かしていきたいと言います。

同じ種類でも、手作りのチーズは塊によって個性があるそうです。どのように、どのくらい熟成させるべきか、どの素材でリファインするのか。

チーズの良さを生かし、美味しさを高めるマリアージュが熟成の妙なのです。

リファインしたチーズは、工房の裏山にある戦時中の防空壕で熟成させます。

自然の湿度、温度が安定していて、チーズの熟成によい場所です。

工場で作られるチーズに比べたら、少し高いかもしれません。

しかし、いくつもの手間ひまをかけて熟成させたチーズは、どこにもない味わいです。

同じように作っても、チーズによって味わいも少しづつ変わります。

DEGUST(デグスト)でも、何度も味わいと熟成度を確かめ、美味しい時期を選んでいます。
ハシシ氏の思いがみなさまに届きますように。

お客様の声

お客様からこんなお声をいただいています。

メディア掲載

様々な雑誌でご紹介いただきました。

  雑誌名 出版月 掲載ページ
2007年 グルメジャーナル 5月号 114
Hanako 6月28日号 178
BRUTUS 7月号 148
新しい飲食店開業 9月号 38
専門料理 9月号 123
ELLE 11月号 392
MISS 11月号 333
Hanako 12月13日号 53
OZ 12月17日号 94
TITLE 12月号 128
2008年 料理王国 1月号 67
専門料理 1月号  
dancyu 4月号 47
小田急人 4月30日号 79
日経ビジネス・アソシエ 7月号 150
おとなの週末 7月号 120
ワイナート 9月号 16
世田谷ライフ 25号 21
世田谷ライフ 26号 44
Hanako 12月11日号 57
2009年 料理王国 1月号 43
料理通信 1月号 28-72
SALUS 3月号 28
住宅情報 8月号 45
Hanako 11月26日号 50
世田谷手土産案内(世田谷ライフ別冊) 12月10日号 88
世田谷ライフ 30号 25
2010年 Tokyoウォーカー 2月17日号 94
専門料理 2月号 35
世田谷ランチ&ディナー(世田谷ライフ別冊) 2月28日号 114
おとなの週末 3月号 41
日経レストラン 6月号 19
世田谷ウォーカー 6月29日号 31
グルメジャーナル 7月号 23
専門料理 8月号 10

商品詳細

商品名 チーズボックス
原産国 イタリア
主な原料 乳、塩
賞味期限 約2週間
セット内容

・チーズ5種(1個あたり約40g)
※定番のMIWAチーズ、三輪亭おすすめチーズ4種。
チーズには「食べごろ」というものがあります。また、熟成素材や在庫の状況などもありますので、「三輪亭おすすめチーズ4種」はご注文いただいた時点で「食べごろ」のチーズをお届けします。
・モスタルダ(自家製ピリ辛ジャム)
・シュッテルブロット(南チロルの伝統平パン:乾パンのような食感です)

※写真はイメージです。

※セットに同梱されるチーズの説明文を必ず同封しています。

※ブルーチーズなどが苦手な場合は、カートの備考欄にその旨記載をお願いいたします。別のチーズに変更いたします。
※三輪亭で販売しているチーズの詳細は三輪亭ホームページへ

全ギフトセットに、DEGUST a tokyoのカタログを同梱いたします。取扱い全商品の詳細が記載されておりますので、ご参考になさってください。

三輪亭の全ギフトセットに、南チロルのL判写真サイズのカードを同封いたします。南チロルの雰囲気を感じながら、当店の商品をお楽しみいただけます。ご希望のお客様には、お誕生日や記念日などのメッセージも入れることが出来ます。備考欄にご記入ください。


※ご予算に応じた贈り物もお作りいたします。お気軽にご相談ください。
※こちらの商品価格には贈答用ボックスは含まれておりません。ご贈答用の場合は、専用のボックスもご購入ください。

※着日・時間指定の場合は、備考欄にご記入ください。

商品名 : 三輪シェフ厳選 チーズボックス

製造元 : 三輪亭

価格 : 4,100円(税込)

数量 :


ショッピングカートに入れる